【写真】北の山旅礼賛

画像


「2008年にトムラウシ山に登りたくて20数年振りに登山を再開。デジカメを持ち、山や花を愛でる巡礼に出かけています。」という 山岳一歩 さんのブログです。

最新の記事「タウシュベツ橋梁の夜明け 2019.02.11 アイスバブルに遭えた」では、凍った糠平湖での夜明け前からの撮影の様子が、たくさんの写真と共に紹介されています。この季節は昼間でも氷点下の気温が続く地での撮影、風を遮るものがない凍った湖上でしかも太陽が昇る前、万全の装備とはいえさぞかし寒さが厳しかったことでしょう。

「アイスバブル」「ジュエリーアイス」「ダイヤモンドダスト」など、極寒の地ならではの自然現象に見とれ、十勝沖地震で崩れはじめた箇所が大きく広がっている様子に不安を覚え、夜明けとともに明るくなっていく雪面や、ワカサギ釣りのテントの群れ、他のカメラマンの姿を眺めるうちに、この一記事だけで一遍のドキュメンタリー番組を見たような気持ちになりました。

素敵なお写真はカメラメーカーの写真投稿サイトでも大好評とのことですが、ブログではその風景にたどり着くまでの経過も含めて楽しめます。積丹半島五稜郭のイルミネーション凍る滝函館のキツネ霧の猿払原野大雪山の沼大沼から眺める駒ヶ岳厳冬のタウシュベツ鶴居村のタンチョウニセコの池湿原を走る花咲線美瑛の「青い池」、緑の中のオンネトー、カムイミンタラ、これでもほんの一部です。

また冒頭でご紹介した通り、山を巡る旅も多く、北海道百名山(山と渓谷社選定のものと、道新選定のものあわせて118座あるそうです)の115座をすでに訪問済みだそうです。更に昨年末にはインドを訪問、夜明け前に赤く染まったヒマラヤの頂の美しさを届けてくれました。魅力的な写真がいっぱいのブログ、ぜひ直接ご覧になってください。

https://yamatabi-junrei.at.webry.info/
北の山旅礼賛

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック